dAqt with μITRON PRO

dAqt PRO with μITRON Linuxデスクトップ開発のGUIツールQtが、μITRONでも使えちゃう!

dAqt(ダ・キュート)with μITRON PROは、POSIX互換I/Fを備えたミドルウェアとLinuxで定評のGUIツールであるQtアプリ(ユーザランド)専用のGCCコンパイラで、μITRONが苦手とするGUI開発を強力にサポートします。さあ、dAqt を使って、組み込み向けGUIの新しい扉を開けましょう!

製品情報PDFファイルはコチラ

Qtについて

Qt(キュート)は、The Qt Companyで開発・販売・保守されているC++言語で書かれたUIフレームワークです。また、オープンソースで世界に広く知られたGUIツールキットを備えています。マルチプラットフォーム化でLinuxをはじめ、Windows、Mac OS Xなど多くのOSに対応され、GPL、LGPLが用意されています。

dAqt with μITRON PROなら

Qtで製作したプログラムをμITRONで動かすことができます。パソコンでデザインしたGUIをそのまま組み込めますので、GUIと制御の開発を同時に進行できます。早期に画面構成の打ち合わせができ設計効率が格段に向上します。

苦手なGUIが得意に変わる!

Qtに付属している豊富なサンプルから2種のアプリーケーションの実行例です。1行もコードを書かずにサンプルコードで、ここまで使えます!

dAqt PROで苦手なGUIが得意に変わる!

Qt開発ツールのQt Creatorを使えば、画面設計はもちろんのこと、コード編集、および、ホスト上でコードデバッグできちゃいます。組み込む前にデバッグまでできちゃうなんて!しかも無償です!

機能概要

dAqt with μITRON PROは、μITRONを補助しGUI開発をサポートするためのQtアプリ開発環境、および、POSIX互換I/FとμITRONのアプリをダイナミックローディングする機能を提供致します。当社オリジナルのソフトウェアアダプタ(*1)であるdAosx(ダオス)をμITRONの開発コードにリンクし、ユーザランド専用のGCCコンパイラを使いQtプログラムをビルドするだけで導入できます。Linuxを再構築するような煩雑な作業は不要です。また、ブートローダには、Linuxで採用のu-bootなどもご使用いただけます。

*1)ソフトウェアアダプタとは、ソフトとソフトを繋ぐアダプタとして呼称

dAqt PROの機能概要

dAqtの機能と特長

μITRON用プログラムのリアルタイム性能を堅持

画面の作成と実行がパソコンでできる

μITRONをベースにリアルタイム性能を堅持し、μITRONプログラムの開発はいままで通りに行えます。
Qtの持つマルチプラットフォーム機能により、パソコン上のQtツールを使い製作したQtアプリのソースコードはそのまま!ターゲット用のコンパイラを使いリビルドするだけの手軽さで組み込みプラットフォームへの移植が実現できます。

μITRONでプロセスモデルを実現

GPL、LGPLとの共存・共栄

当社オリジナルのソフトウェアアダプタ(応用プログラム)のdAosx(ダオス)を適用することで、Linuxで動くオープンソースプログラムが使えるようになります。その第1弾に、Qtの実行を可能にしました。μITRON上にプロセスモデルの概念を導入し、MMUを持たないプロセッサで実行可能なμCLinuxに同様のvforkを持ち、また、execveが使えます。これによりC++のUIフレームワークであるQtアプリのダイナミックローディングを実現しμITRON上での実行を可能にしました。
μITRONとQt開発環境は、物理的に違うコンパイラを使うのでコードは混在せず、棲み分けができています。非公開な商用コードは、μITRONでプログラムします。Qtを使ったアプリケーションは、オープンソースGCCを使いμITRONプログラムとは、完全に独立したプログラムを生成します。その結果、常駐するμITRONプログラムは、GPL、LGPLの制約を受けず、また、Qtアプリでは、世界のオープンソースを活用できます。

POSIXスレッドライブラリのpthreadにも対応

μITRONアプリもダイナミックにローディング(開発中)

MMUを持たないプロセッサで使えるμClinuxに同様に、linuxthread仕様のスレッドライブラリ(pthread)にも対応しており、スレッド機能を期待したQtアプリも実行可能です。
Qtのビルドに使うターゲット用コンパイラの拡張ライブラリ(μITRON用システムコールライブラリ)でμITRONのアプリケーションでもダイナミックローディングが可能なプログラムを作成・実行できます。

μITRON単体では難しかったC++に完全対応

μITRON上では、動的メモリの操作関数(malloc/free)の置き換えが必要です。この場合、μITRONの初期化よりも前に起こるグローバルコンストラクタには完全な対応ができません。dAqt PROならμITRONのアプリもダイナミックローディングで問題を回避できます。

dAqt PROのパッケージ内容と開発条件

ターゲット開発環境

RTOSNORTi® (MiSPO社μITRON)
Network対応RTOS・ミドルウェア一覧参照
File System対応RTOS・ミドルウェア一覧参照
POSIX互換I/FdAosxTM(弊社ミドルウェア)
コンパイラIAR EWARM、ARM DS-5(予定)、商用GCC(予定)
プロセッサARM® Cortex®-A、Cortex-M7(開発中)、Cortex-M3/M4(予定)、Cortex-R(予定)
※RTOS、Network、File System、ターゲット開発用コンパイラ、および、プロセッサは付属しません。

Qtアプリ開発環境(無償・無保証 オプションサービス参照

ホストDebian Linux (Oracle VM VirtualBOX)
コンパイラGNU Comiler Collection (gcc)
標準ClibuClibc-ng

dAqt PROのライセンス

プロジェクトライセンス

dAqt PROには、プロジェクトライセンスが適用されます。プロジェクトライセンスでは、本製品を使って開発した製品毎のロイヤリティは支払う必要がありません。開発を行うプロジェクトを限定した使用許諾契約に際し、ご購入が必要です。開発作業を行う人数に制限はありません。

プロジェクトの定義

ライセンスのご購入時、使用許諾契約書に、「プロジェクト名」、「プロジェクト概要」、「使用プロセッサ」、「使用OS」と「使用ファイルシステム(ミドルウェア名)」、および、「使用ネットワーク(ミドルウェア名)」を申請していただきます。その申請をもって、使用範囲を限定させていただきます。プロジェクトの定義は、お客様の開発製品により多様なため、詳細な範囲についてはご相談ください。

dAqt PROの保守とオプション

保守サービス

dAqt PROには、6か月間の保守サービスが無償でついています。無償保守サービス終了後は、有償になります。保守サービスには、製品の無償バージョンアップ、コンパイラのバージョンアップ対応、μITRONカーネルのバージョンアップ対応、メールによるサポートサービスが含まれております。

オプションサービス

GCCは、無償・無保証の提供ですが、何らかの不具合が認められる場合に限り、その解決に、その原因調査から対策までを別途に、これを有償でサポートするサービスを用意しております。 また、お客様が作成されたボードへの移植も賜ります。ぜひに、ご相談ください。

対応RTOS・ミドルウェア一覧(順不同)
※一覧にない場合はお問い合わせください

製品名 カテゴリ対応状況メーカ名
NORTi® Professional IINORTi Professional IIRTOS株式会社ミスポ
NORTi® TCP/IPNORTi TCP/IPミドルウェア株式会社ミスポ
NORTi® File SystemNORTi File Systemミドルウェア株式会社ミスポ
Cente® FileSystemCente File Systemミドルウェア予定データテクノロジー株式会社
Cente® SD Card DriverCente SD Card Driverミドルウェア予定データテクノロジー株式会社
※RTOS、および、各ミドルウェアは付属しません。各社から別途に、ご購入してください。

 

※NORTi®は、株式会社ミスポの登録商標です。
※Cente®は、データーテクノロジー株式会社の登録商標です。
※ARM® 、および、Cortex®は、ARM Limitedの登録商標です。
※Linux、リナックスはLinus Torvalds氏の米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
※Qtは、The Qt Companyの日本およびその他の国における登録商標または商標です。
※TRONは「The Real-time Operating system Nucleus」の略です。μITRONは「Micro Industrial TRON」の略です。
※記載されている社名、製品名、プロセッサ名、デバイス名等は、各社の登録商標または商標です。※本情報は予告なく変更されることがあります。

totop